映画「64-ロクヨン-」(後編)

感想:
公開初日に観に行ってきました!
簡易感想でスミマセン…;

感想は、う~~~~~ん・・・・・・・
面白くないわけではないんですけど、面白かった!と素直に言えないくらいにはモヤモヤが残りましたかね。

前編は、警察広報室と記者クラブとの関係が描かれました。
それが後編にどう活かされたのか、というところがイマイチ伝わってこなかったんですよね。

警察内部のアレコレとか、記者クラブとのアレコレとか、
描く必要あったのかな…と私は感じてしまいました。

“ロクヨン”という事件に関しては、きちんと犯人が判明して、その経緯も明らか
になって、事件だけを取り出してみると、こう来るか~面白いなあ~!と感じま
した。
なので、なおさら人間関係の部分が惜しいと感じてしまうのかも。
まあ…私の理解力がただ不足しているだけかもしれないんですけどね…(苦笑)

ストーリー展開は分かったので、こうなるとドラマ版も見てみたい気持ちがフツフツと沸いてきます。
映画のように一気に見てみたほうが楽しめそうです。
映画とドラマの違いから、私のモヤモヤを解消してくれないかな~という気持ちもありますww

今回もマスコミ面倒くせっ!て思っちゃいましたよ…(笑)
あそこまで強気に出る必要性ある?
ただ弱い者いじめをしているようにしか見えないんですが…;

ストーリー的にはちょっと……なんですが、
登場人物たちにはそれぞれ魅せ場があって、キャストの力強さが伝わってくる
迫力ある作品になっていると思います!!

最後に窪田君演じる日吉について。
後編は出番ないんじゃないかと覚悟はしていたので、少しでも出演シーンが
あったことに、嬉しい驚きを感じていますww
「ヒーローマニア」、「64」、「MARS」と続けて様々なキャラが見られるってステキ
ですよね!
またこういうお祭りがあるといいのにな☆

あ…「MARS」の感想はもうしばらくお待ちください。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「64(ロクヨン)後編」

    Excerpt: 「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていたのだけれど、息子と予定を合わせる.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-07-20 13:46